このエントリーをはてなブックマークに追加

12月

5

【IBM Watson×LINE】人工知能を利用したチャットツール開発【IoT担当者様向け】

LINEとWatson Assistantを連携させ業務効率をアップ 人工知能活用

Organizing : 株式会社X-HACK

Hashtag :#xhandson
Registration info

一般参加

10000(Pay at the door)

FCFS
2/4

Description

イベント概要

当日の流れはコチラ

IBM Watson (AI) の Watson Assistant (旧称 Conversation) とLINEを連携させ、カスタマーサポートサービスのような 問い合わせを処理する会話アシスタント機能を持ったbotを作成します

例えば、服の色やサイズ、生地、好きなデザインなどをWatsonがユーザーとコミュニケーションを取りながらオススメをしてくれるような接客AIのようなものを作ることができるようになります

FAQやカスタマーサポートをWatsonに担わせることもできるようになります

このイベントで学べること

  • IBMクラウドの Watson Assistant をカスタマイズし、特定の業務フローを行えるようにトレーニングさせる方法を学べます
  • 顧客とWatsonのインターフェースとして、LINEを使うことが可能なように環境設定ができるようになります
  • Node-Redのプログラミングの基礎を習得できます

※必要に応じて講師がサポートしますので、問題が発生してもその場で解消することが可能です ※IBMのアカウント作成に問題が発生することがあります、万が一問題が発生して最後まで設定が完了しない場合、別の日程の講習に無料で参加が可能です

事前準備のお願い

下記のアカウントの取得を済ませておくと、当日大変スムーズです。 ご協力おねがしいます!!

設備

会場に電源、wifiがあります。 ノートPCは持ち込みになりますので、電源と一緒に持参してください。

対象

  • 大学生、社会人の方でプログラミングに興味のある方、勉強中の方
  • 基本的なPC操作ができる方
  • ノートPCの持ち込みができる方
  • Watsonに興味のある方、LINE botに興味のある方
  • ビジネスにWatsonの人工知能を活用したい方
  • 企業のIoTを推進する部署の担当者の方

持ち物

  • ノートPC (必要な人はアダプターも一緒に)
  • LINEのアカウント (LINEのAPIを使用するために必要になります)
  • LINEアプリが入ったスマートフォン

主催者

株式会社X-HACK (https://x-hack.jp)

お問い合わせ

smatsuda@x-hack.jp

事前決裁はこちら

外部サービスに遷移します
https://manage.doorkeeper.jp/groups/x-hack/events/82989

領収書を発行いたします

必要な方は、当日受付にてお申し付けください

SNS

X-HACKを追加

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

matsuda shinsuke

matsuda shinsuke published 【IBM Watson×LINE】人工知能を利用したチャットツール開発【IoT担当者様向け】.

11/12/2018 18:53

【IBM Watson×LINE】人工知能を利用したチャットツール開発【IoT担当者様向け】 を公開しました!

Ended

2018/12/05(Wed)

15:00
18:30

開催日時が重複しているイベントに申し込んでいる場合、このイベントには申し込むことができません

Registration Period
2018/11/12(Mon) 18:53 〜
2018/12/05(Wed) 18:30

Location

Impact HUB Tokyo

東京都目黒区目黒2丁目11−3

Attendees(2)

glanzend

glanzend

【IBM Watson×LINE】人工知能を利用したチャットツール開発【IoT担当者様向け】 に参加を申し込みました!

sassa3

sassa3

【IBM Watson×LINE】人工知能を利用したチャットツール開発【IoT担当者様向け】に参加を申し込みました!

Attendees (2)

Canceled (1)